スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
殺人鬼
- 2006/05/05(Fri) -
人を殺したいとわりかし思う。

体に刃物を付きたて、その肉を割く感覚。
筋肉を切断する感触、肉を抉る感触。
静脈を切りじくじくと溢れる血、動脈を切り跳ねる血。
何より目玉を抉ってみたい。
その透き通った珠を視神経をぶち切りながら取り出す。
私は目が好きだ。それが濁っていようと透き通っていようと
物を見ることが出来るという属性が大好きだ。

殺したい。人を殺したい。
肉を切り、抉り、血の花を咲かせる。
血の感触。温かく、ねっとりとしていて、何よりその色。
血を飲み、その感覚を感じたい。

腹をかっさき、肉を切り分ける。
動物ではいけない。
人を切ることが重要なのだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<文才 | メイン | 一日に二回更新。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesi.blog58.fc2.com/tb.php/77-016a73be
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。