スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
言葉と概念。
- 2006/03/30(Thu) -
えっと前々から考えてることを書きます。

言葉って不便だと思ってます。
言葉っていうのが何なのかときかれたら困りますが。
言葉が音なのか
一定の音が持つ意味か
どちらかわかりません
それとも、これのどちらかでもないかもしれません。

話がそれてしまいました。

言葉が持ってる意味が私たちに伝わると
その意味を自分で解釈して理解します
それがとても不便だと思います。
なぜなら、言葉を聞いてそれを自分で解釈するという行為で
伝える側と理解する側とで意味が違ってしまうことがあるからです。

ほかにも言葉には拡大解釈というのがあって
法律などで意味を違くとらえて
趣旨と内容が変わってしまうという場合があります。

それなら、言葉に細心の注意をはらって使えばいいという意見もあるでしょうが
いくら注意を払っても言葉は言葉で説明できないので
説明できないからには
どのように解釈もできるので意味がありません。

さらに単語一つを取っても
単語は普遍的ではなく
例えば幸せという言葉が全て同じではなく
美味しいものを食べてるときと本を読んでるときの幸せは違います。
これは「美味しいものを食べているときの幸せ」を表す単語が無く
それを表現するには単語を繋げて文を作らなくてはいけないという複雑さがあります。
それを解決するために
「美味しいものを食べているときの幸せ」と「本を読んでいるときの幸せ」
を表す言葉があって
それが全ての事象に対応するだけの言葉があったら
その全てを人が覚えられるわけが無く
あまり使われない単語は使われなくなってしまいます。
こうならないために単語は普遍的になったのではないでしょうか。

言葉が普遍的ではないのならば
感情や状態を表現するには
たくさんの単語を繋げなければいけません
そうなると解釈の仕方を間違えて意味を違く捉えやすくなってしまいます。

だから、言葉は使いにくいのです。

これが私が言葉を不便だと思う理由です。

いつもいつもわけのわからないことを言ってすいません。
これは私が私の考えてることをうまく言葉にできないからです
こっちは決して言葉のせいではありません。


こんな私に励ましの一票を。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<普通の日記。 | メイン | 小説はじめました。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesi.blog58.fc2.com/tb.php/30-b8837833
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。