スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
しかし掃除が終わらない。
- 2006/07/23(Sun) -
しかしが意味不明だけど気にしない。

いくらか綺麗になりました。
しかし先はまだ遠い。

関係ないけど、
身体を動けないようにして、五感とかを感じないよううにしたら死んだことにならないだろうか?
死んだら周りの人が見たら動かないし、何も感じていないように見える。(死体をつねっても痛いと言わない)
五感があるけど、身体が動かないでも死んだことにならにだろうか?
身体が動かないのなら反応することは出来ない。
つまり、全身麻酔かけたまま意識を持つ方法があったら死んでるっていえないだろうか?
でもそれだと、心臓が動いているから生きていると言えるかもしれないけど、
麻酔かけられた人から見れば自分の心臓が動いているか分からないから死んでいるのではないか?
自分の死ぬ瞬間は書くことが出来ないからわからないけど。

あと、仮死状態というのは無しです。
聖人とかが死ぬ間際に天使を見るとかと同じ理由です。
なんか思い込みで見えるらしいですね。

関係ない話ついでに神様は居るのでしょうか。
(ちなみにこの話は居るとか居ないのはなしではないです)
神様が居るとしたら器よりも中身にこだわる人と思った。
なぜなら地球のつくりが意外と簡単だと思ったから。
天動説と地動説だと、
天動説でも理論的に成立するけど、地動説よりも証明が大変らしいです。
あと、多重解釈が在るようにそこそこにいい加減なような気がします。

人間がこんなに増えられたのは、人間をそうできるようにうまく作ったのが細かいと。ライフゲームやってて思った。
(でも、人間の身体を切り開いて心臓を握っても死なないとどこかで聞いたような気がする)

なんかいろいろうろ覚えの知識で書いた適当なものです。
気にしないでください。忘れてください。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<暇。 | メイン | 超掃除奥義。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesi.blog58.fc2.com/tb.php/195-8558e5cc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。