スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日記と思ったけど。
- 2006/07/19(Wed) -
日記を書こうと思ったけど書くことが無いので書評をします。

随分前にするとか言っててしなかったので。

記念すべき第一回です。
第一回は青春俳句講座初桜で。

青春俳句講座初桜
作者 水原佐保(水原佐保)
出版 角川書店

「隣の教室からカンニングすることは可能でしょうか」
若き美貌の俳人・花鳥先生のもとで俳句を学ぶ女子高校生・水原さとみ。ある日、彼女の試験答案がカンニングされるという事件がおきる。しかも、カンニングしたのは隣のクラスの生徒で、ただ一問を除いてすべて同じ回答……。この謎に挑む花鳥先生とさとみだが?
帯からです。

内容はミステリー。人が死んじゃったりしないほうのです。日常の謎です。
面白かったです。
読了感がすっきりしてて良いです。さらっとしたテンポの良いつくり。
一気に読むのがもったいなかったです。私は一日一章ずつ読みました。
取りたって下手なところは無かったです。
帯に書いてあるのは、一章ところです。
全部で三章の短編で出来てます。
かなり面白いのでおすすめです。


書評が下手でした。
分かってたけど。これから上手くなります。

あと、ほっぽりぱなしの小説を更新します。
スポンサーサイト
この記事のURL | 書評 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アメリ。 | メイン | 強迫神経症のためのタイムマシン。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesi.blog58.fc2.com/tb.php/189-6b221129
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。