スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
高価な肉。
- 2006/06/20(Tue) -
肉が高価です。

何の肉かって?
人肉です。

更にその肉は生命活動を止めていない状態だと、更に高価なものです。

まず、生命活動を止めている肉の塊は
葬式に何十万~何百万。
場合によっては数千万円使い、お金のめぐりをよくすることが出来、
お墓を作るのにも、お金がかかり
何十万ぐらいから百万、数千万まで。
場合にっては、この限りに非。お金が掛からないものなら、
殺人事件においては
犯人を特定する手がかりになったりもします。

死体はとても高価で、経済活動に従事しています。

では、まだ生命活動を止めていないのはというと……。
まず生まれるときには、
日本のだいたいの人は産婦人科に行き診察を受け、お金を使い。
生むときにも、お金が掛かります。
病院で生まれると、
今度は家に行き、服やら家具やらをそろえます。
これは一般家庭において、十数万から数十万。
更に、光熱費、食費は歳にかかわらず、掛かります。
月三万円~四万円ぐらいで。
これを八十年ぐらい行うと
三千八百四十万かかります。(40000*10*80)
更にさらに。
二十歳からはタバコを吸い、酒を飲めるようになります。(その前から飲んでる人も居るけど)
ほかにも、何税やら、車を買ったり、家買ったり、保険入ったり……で、月六万円と仮定します。
五千七百六十万かかります。
合計
九千六百二十万です。
で、ほかにも何か在ったとして、一億円ぐらいとして、
国民の一億二千万をかけます。
一慶二千兆円です。(けいの字があってるか分からない)
国の借金なんて余裕です。

凡人の一生は生きてる間で一億円。金持ちを合わせたらもっと行きます。

ずた袋に肉と血と骨、脳みそをぶっこんだ物の値段です。


以上とっても高価な肉でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夢か現か。 | メイン | 桜の木の下>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesi.blog58.fc2.com/tb.php/144-61967ccd
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。